月の土地 販売

月の土地を自分自身の名義で所有できます。

現在住んでいる地球の資源には限りがあり、その資源も使いは果たす日がやってくると言われています。

 

 

その為、宇宙の研究が進んでいます。きっとどこかに私たち人間が住める星があるはずだという夢を持っているのですね…。

 

 

さて、そんな中でも人間が到達した事がある星として有名なのが、「月」ですね。

 

 

そんな月の土地が販売されているのはご存じですか?今回ご紹介するのは「月の土地」販売をおこなっている「ルナエンバシー」です。

 

 

アメリカにある「ルナエンバシー」社では、1980年から販売を行っているのが「月の土地」販売です。

 

 

まだ誰の物でもない月の土地を何故販売出来るかというと、ルナエンバシー者の現CEOデニス・ホープ氏が「月は誰のものなのか?」という疑問を持ち、調べてみると1967年に制定された宇宙条約の存在が分かりました。

 

 

この宇宙条約によると「国家が所有する事は禁止」されていたものの、個人が所有する事に関しては記されていませんでした。

 

 

そこで、サンフランシスコの行政機関に所有権の申し立てを行った所、正式に受理されたのです。

 

 

念のため、月の権利宣言書を作成し、国連・アメリカ合衆国政府、旧ソビエト連邦に提出をし、異議申し立てはなかった為、「地球圏外の不動産業」を開始しました。

 

月の土地権利書とアルミフレームのセットです。

現在は第3期分譲中という事ですが、購入方法はインターネットで簡単に必要事項を入力するだけ!

 

 

だいたい1週間程度で、月の土地権利書・月の憲法・月の地図が郵送されてきます。これで、あなたも月の土地の所有者になるのです!

 

 

しかもびっくりするのが、値段です!2,700円でなんと1,200坪の月の土地を購入する事が出来るのです。

 

 

1,200坪はサッカーコート一つ分くらいの広さがあるというので、かなりの広さですよね!

 

 

ただ、権利書だけなら物足りないという方はプラスチックのカードの証明書がついたプランや権利書を収納出来る見開きのファイルセットのプランなどもありますので、ご自分で選ぶのも楽しいですね。

 

 

自分で購入するのも、もちろんいいのですが「プレゼント」にするのはいかがでしょうか?

 

 

ルナエンバシーではギフトプランもあるので、誕生日プレゼントや結婚祝いなどにちょっと変わった商品を考えている方には特におすすめです!

 

 

今や世界に約200万人、日本でも10万人の方が月の土地を購入されているのです!

 

 

その他、ルナエンバシー社では「火星の土地」や「金星の土地」も販売されているので、気になる方は是非ご検討ください!

>>ルナエンバシー公式サイトはこちらから<<