ルナエンバシー

夢は大きく!あなたも月に土地を持ちませんか?

あなたは月の土地が分譲されているということをご存知ですか?

 

 

月の土地を販売しているのは、アメリカ人のデニス・ホープという人物。現在はアメリカルナエンバシーのCEOを務めている人です。

 

 

ところで、月の土地を勝手に売買してもいいの?そもそも月は誰のもの?そういう疑問が湧いてきますよね。

 

 

デニス氏も「一体月は誰のものなのだろうか?」という疑問を持ち、法律関係を徹底的に調べ上げたところ、1967年に発効した「宇宙条約」に行き当たりました。

 

 

この法律では月を国家が所有することを禁止していますが、個人が所有することにはなんら言及されておらず、合法的に個人が所有することにはなんの問題もないということを突き止めました。

 

 

そこで1980年にサンフランシスコの行政機関に自ら出頭して月の土地の所有権の申し立てを行ったところ、この前代未聞の訴えは受理され、月の土地の権利書を得ることに成功。

 

 

さらに万全を期するために国連、アメリカ合衆国政府、旧ソビエト連邦にも月の権利書を提出。

 

 

この訴えに対し異議申し立てがなかったため、ネバダ州にルナ・エンバシー社を設立しました。

 

 

これによって人類初となる月の土地を販売し、権利書を発行する「宇宙不動産」が始まったのです。

 

どんな人が月の土地を購入するの?

現在宇宙事業のメインは地球の周回軌道を回る人工衛星で様々な実験や船外活動を通して大気圏の外に構造物を作るということがメインで行われています。

 

 

したがって今すぐ月に土地を購入したからといって住めるわけではありませんし、何のインフラ整備もされていませんから、実用的な買い物ではありませんよね。

 

 

しかし、太古より星空を見上げ宇宙に壮大なロマンを感じてきた人類にとって地球以外の天体に憧れるのはごく自然な感情と言えます。

 

 

そこで何かしらの記念として月の土地をプレゼントするというのが今ちょっとしたブームになりつつあるんです。

 

 

例えばウェディングやバースデープレゼントとして、あるいは出産祝いに赤ちゃんにプレゼントするというのも他ではちょっと真似できない斬新なプレゼントになりますよね。

 

 

もちろん権利書はルナエンバシー社が発行する正式な権利書ですから、国際的にも正式に所有権が認められるということになります。

 

 

月に土地を持つ、一見荒唐無稽なお話しとも思われがちですが、そう遠くない将来地球以外の天体のテラフォーミング化が進んで、その第一歩として月に人が住めるようになったとしたら、その時に月の土地を所有しているとしたら!なんて壮大なロマンを感じられるのでしょう!!

 

 

夢は大きく!あなたも月の土地のオーナーになってみませんか?

 

お世話になった両親や大切な異性のプレゼントにピッタリです。

アメリカのルナエンバシー社が販売している月の土地は、世界規模で人気を集めています。

 

 

世界で月の土地のオーナーになっている人は、すでに約200万人、日本だけでも10万人の人が登録しています。

 

 

月の土地を販売すると聞くと、疑問に思うのは「そもそも月は誰の所有なのか」という点でしょう。

 

 

月は誰のものかということを調べていくと、結論は「誰のものでもない」ということになります。

 

 

宇宙の土地に関しての法律は、1967年の宇宙条約のみで、月は誰のものでもないということがわかったアメリカ人のデニス・ホープ氏は、月の権利宣言書を作成して、国連、アメリカ合衆国政府、旧ソビエト連邦に提出し、地球外不動産業をスタートしました。

 

 

それ以来、月の土地をウエディングギフトにしたり、誕生日や特別な日のプレゼントとして、月の土地を選ぶ人が増えています。

 

 

小さいころから宇宙や星座、月が好きな人への贈り物として、自分のための記念として、バレンタインやクリスマス、出産祝いのような記念日にと、人気になっています。

 

元大統領やハリウッドの著名人が購入しています。

月の土地を購入すると、月の土地権利書、月の憲法、月の地図の原本と和訳文が届きます。

 

 

土地所有権の宣言書のコピーもついて、オリジナルの封筒に入った状態で届きます。

 

 

ファイルに入ったタイプや、フレームに額装したタイプ、カードがついたもの、月球儀などもあり、保管に便利なスタイルも選べます。

 

 

贈り物ならギフトカードになったものもあります。連名で注文できるプレミアムギフトは、月の土地カード付きファイルセットで、連名で注文すると1エーカー分多く注文できます。

 

 

ギフトカードは、贈るヒトがサイトから注文すると、ギフトカードが指定した相手の手元に届きます。

 

 

そのカードに掲載されている16ケタのカード番号と、6ケタのピン番号を入力して、サイトにアクセスすると、手元に書類一式が届くという方法です。

 

 

人気はDVDがセットになったタイプです。特別な人の特別な日の贈り物におすすめです。

 

超サプライズプレゼントは月の土地です

サプライズプレゼントという言葉があります。

 

 

受け取った人の想像を遥かに超えた素晴らしい物品を手渡す場合に用いられます。

 

 

例えば、真夏の夜に付き合いかけの相手の名前を花火で大空いっぱいに描くというのは、良くテレビの番組で企画物として取り上げられているからご存知でしょう。

 

 

また、ある人物のお祝い会でその特定の人物の人生の岐路に影響力を与えた恩師ともいうべき人を、探し当ててきて感激のご対面も良く見聞きしますね。

 

 

今回ご紹介するサプライズプレゼントは少し毛色が異なります。

 

 

アイデアの素晴らしさで勝負なのです。

 

 

ずばり月の土地を購入してプレゼントすることなのです。

 

 

もちろん権利書をきちんと添えて普段取引されている地球の上での土地取引のようにして行うのです。

 

 

月の土地をプレゼントされたほうは、最初は起きた事がらの意味合いがわからずに唖然としていることが大抵の場合です。

 

 

月の土地は、日本の不動産屋さんの広告には乗っていませんし、扱っている不動産屋さんもないと思います。

 

 

そうこうしている間にも、月の土地を上げた相手から「ちゃんと書面とかあるの?」とか逆に質問が出てきたりする楽しい時間がやってきます。

 

 

それがちゃんと書面はあるのです。

 

 

月の土地を売っている方というのは、アメリカ人のデニス・ホープという感受性の高いアメリカ人です。

 

ギフトカードと一緒にメッセージカードも贈れます。

現在はアメリカルナエンバシー社CEOであり、皆が共通して感じる「月は誰のものか?」ということを真剣に調べたといいます。

 

 

そうすると、意外なことがわかりました。

 

 

宇宙に関する法律は1967年に出した、いわゆる宇宙条約だけが有効ということに気が付いたのでした。

 

 

それからの彼の動きは素早かったです。

 

 

地元の行政機関において、月の所有権の申し立てを行ない、受理されたのでした。

 

 

このあたりがいかにもアメリカらしいところですが、これを受けてデニス・ホープ氏は、月の権利宣言書を作成、国連、アメリカ合衆国政府、旧ソビエト連邦に送り付けて、月の所有について打診を行いました。

 

 

当時の主たる3部門からのダメだしがなかったことから、LunarEmbassy.LLCを設立しました。

 

 

つまり『月の土地』を売買を正式に開始したのです。

 

 

男性、特に中高年の上位者、家庭では父親、会社では社長・会長あたりは、サプライズ効果がものすごく期待できます。

 

 

また変わったところでは誕生日や結婚、出産祝い、クリスマスやバレンタインなどにも重宝されて使われることが多いです。

 

 

もし、親しい人にあげる贈り物で悩んでいるならば、月の土地を思い出してください。

 

 

あげた方の貴方の評価もぐんと上がること間違いなしです。

 

>>ルナエンバシー公式サイトはこちらから<<